まとめサイト更新しました

【全米が】なんか笑える霊体験【テラワロス】まとめ 
 Part31>>202から3話、外伝8>>633から2話収録しました。
 
人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<まとめ
 今回は更新できる話が有りませんでした

 以前からやろうと思っていて忘れていた「成仏」という言葉についての解説をしておきましょう。

 成仏とは、読んで字のごとく仏に成るという事です。では仏とは何かと言いますと、仏教の悟りを得た人を言います。まず仏教の悟りを得るには出家して修行をしなくてはなりません。外国の仏教徒の多くは今でも出家します。日本でも平安時代までの仏教では出家が前提になっていました。で、鎌倉時代以降の主流の考えは・・・念仏を「南無阿弥陀仏」と唱える宗派の場合は、死後に阿弥陀如来が治める世界(極楽浄土)に行って、阿弥陀如来の指導の下で悟りを得る修行をします。「南無釈迦牟尼仏」と唱える宗派は死後にお釈迦さまの弟子になって悟りの修行をします。「南無妙法蓮華経」と題目を唱える宗派は・・・よく知りません。
 葬式はお釈迦さまの弟子になる儀式、もしくは極楽浄土に行くための儀式になります。よって葬式をしてもらえない死者は悟りの修行ができないので成仏できません。
 法事が精進料理なのは、死者は仏教の修行をするのだから、お坊さん同様肉食が禁止されるからです。
 当然ながらキリスト教徒は死後に仏教の修行をする訳では有りませんから成仏しません。最後の審判の日まで魂は天国に行くか地獄に行くか、現世で迷うか、そんな所でしょう。

 本来は仏教徒なら悟りを得るために肉食禁止、結婚禁止になるはずですが、死んでから修行をするので現世では許される事になっています。こう見てくると生きている人に都合よく面倒を先送りした理屈のような気がしないでも有りません。


 細かい間違いは有るかもしれませんが、これは「成仏」という言葉の解説で、死後はこうなるという事実を解説したものでは有りません。また仏教の悟りとは何か?という点については悟りを得ていない私が解説できるものでは有りません。

 死後は現世とよく似た平和な世界に住み、そこで安定して暮らしているのが成仏した状態で、そこから転生したり守護霊になったりするというのが現在の主流の考えのように思います。これは死にかけた人や霊媒の報告から出来上がった死後の世界観ではないかと思うのですが、断言できる程の資料を私は持っていません。結局は人が死んだら魂や精神がどうなるかは謎のままです。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

テスト

笑える霊体験まとめサイト
の表紙作成に使ったソフト

Poser 10

新品価格
¥14,316から
(2014/4/9 14:19時点)

広告だったり

オリジナル電子書籍

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM